​NES駒ケ根

変換

キーワード: 変換: 信念、考え、感情、経験、過去、プロセス、展開、機会、可能性

 

肝臓の仕事は「変換」と「プロセス」です。

 

「変換」がNESスキャンに現れる人は、思考的制限や抑圧により経験を手段に変換できず前へ進むことがなかなかできない人かもしれません。

 

生まれ育ちによって、物事に対する価値観、反応、思考過程はある程度決まってしまっています。

この刷り込み的記憶には恩恵もありますが、新しい状況に直面したときそれを受け入れられなくなるといった弊害もあります。

 

このように、私たちが体験する出来事は普段自動的に内的反応、思考、感情に変換されますが、どのようにそれらを体験し、とらえるかは、自分次第です。

見方を変えると、同じ物事であっても全く違うものに変換されます。

 

制限することで消耗するよりも、体験を理解し、そのレッスンを受入れ、人生の経験を制限から可能性へと変換することで成長する事ができるようになります。

 

リバー・ドライバーのインフォスーティカルは制限された信念、概念、経験など過去に捕われて動けなくなっている人の記憶を変換し、機会と可能性を与え進化へと導きます。

 

© 2023 by Danielle Yoga. Proudly created with Wix.com